読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝城カイリがスターダム退団を発表

f:id:naoki909:20170508035753j:plain

(写真・記事元:superluchas.com)

 山口県光市出身の宝城カイリが、スターダム退団を発表した。現在28歳の彼女は、プロレスラーとしてはわずか5年のキャリアしか積んでいない。身長155cm体重55kgと、決して恵まれた体格ではない彼女が、初めてメキシコの土を踏んだのは2013年だった。当時の本誌のインタビューにこう答えている。

 「メキシコ料理はとても辛いと聞いているけど、食べてみたいです。それと、タコスも。メキシコについてはほんの少しだけ知っています。文化、歴史、アステカ文明マヤ文明トルテカ文明とか・・・。メキシコの人はみんな優しいですね。ルチャリブレは2本、3本勝負で、ミル・マスカラスエル・サント、ブルーデーモンといった伝説が存在していることも知っています。できる限りもっとメキシコのことが知りたいし、今回のメキシコ訪問が最後にならないことを願っています。」

 風香に鍛え上げられた宝城は、紫雷イオと共にスターダムをけん引する選手に育ち、風香と愛川ゆず季が引退した後も、スターダムに残った。

 以前にも伝えた通り、宝城はWWEのパフォーマンスセンターでトレーニングを行っているのが目撃されており、宝城もWWE側も互いに接近しているのは明らかだ。

 宝城は5月5日金曜日に行われたスターダムの興行にて、退団を発表した。その後については明言しなかったが、デイブ・メルツァーがF4WOnlineを通して、宝城がWWEに挑戦することが確認されている。

 メルツァーは、実は宝城は3月にすでにWWEと契約を交わしていたとし、近くオーランドにあるWWEパフォーマンスセンターでトレーニングを始めるだろうとコメント。デビューは、おそらく女子トーナメント戦であり、その後、準備が整い次第、NXTで最も活躍する女子プロレスラーの明日華と対戦するだろうとしている。

 一方、柴雷イオはWWEとは契約には至っていないが、スターダムのプロモーターである小川ロッシーに配慮してのことだろう。

superluchas.com

ブロック・レスナーの次のライバルはブラウン・ストローマン

f:id:naoki909:20170507202037j:plain

(写真・記事元:solowretling.com Cristóbal Cea

 Wrestling Observer Newsletterによると、WWEユニバーサル王者のブロック・レスナーの次のライバルは、7月末に開催されるイベントGreat Balles of Fireで対戦するであろう、ブラウン・ストローマンのようだ。他にもセス・ローリンズや、フィン・バロールの名前も挙がっていたが、現在はブラウン・ストローマンということでアイデアが固まっているとのこと。その場合、SummerSlamでリベンジマッチも組まれるだろう。

 また、噂されていた、6月4日にバルチモアで開催されるPPV Extreme Rulesへのブロック・レスナーの登場は、WONが公式に否定しており、興行では、ブラウン・ストローマン対ローマン・レインズ、フィン・バロール対ブレイ・ワイアット、セス・ローリンズ対サモア・ジョー、ディーン・アンブローズ対ザ・ミズの試合が行われるとのこと。

 ブロック・レスナーが最後に試合を行ったのはWrestleMania 33であり、ゴールドバーグを破ってWWEユニバーサル王者の座に君臨。もし7月末のGreat Balls of Fireに登場しないのであれば、WWEユニバーサル王者タイトルの防衛戦は4か月間に渡って行われていないことになるだろう。

www.solowrestling.com

今週のCMLL 5/8 ~ 5/14

5月8日月曜日 アレナ・プエブラ(ストリーミング配信あり)

LUCHA ESTELAR
¡ CANDENTE REVANCHA EN RELEVOS INCREÍBLES !

MÍSTICO®, NEGRO CASAS Y MÁXIMO SEXY®
vs
MEPHISTO®, DIAMANTE AZUL Y EPHESTO®

¡ INTERNACIONAL ENCUENTRO SEMIFINAL !

ÁNGEL DE ORO®, JOHNNY IDOL Y STUKA
vs
ÚLTIMO GUERRERO, EUFORIA® Y GRAN GUERRERO

EVENTO ESPECIAL: BATALLA DE MICROESTRELLAS

MICROMAN Y EL GALLITO
vs
MIJE Y EL PERICO ZAKARIAS

SEGUNDA LUCHA

STAR JR., ORO JR. Y LESTAT
vs
CANELO CASAS, NITRO Y TORO BILL JR.

PRIMERA LUCHA

ZAETA ROJA, MEYER Y VEGA
vs
REY APOCALIPSIS, EL PERVERSO Y FUERZA CHICANA

 メインの混合タッグマッチでは、ディアマンテアスルが、ロス・イホス・デル・インフィエルノのメフィスト、エフェストとタッグを組んで登場し、ミスティコ、ネグロ・カサス、マキシモと対戦。2試合目のタッグマッチにはカネロ・カサスが登場。ニトロ、トロ・ビル・ジュニアとタッグを組んで、スター・ジュニア、オロ・ジュニア、レスタットと対戦。

5月9日火曜日 アレナ・メヒコ(ストリーミング配信あり)

f:id:naoki909:20170507123807j:plain

 火曜日のメインイベントは、カリスティコ、ミスティコアトランティス対ゲレロスラグネロスのウルティモゲレロ、ニエブラロハ、グランゲレロのタッグマッチ。2試合目の女子ルチャでは、マルセラ、ハロチータ、エスカディが、アマポーラ、ティファニー、レイナ・イシスと対戦。

5月9日火曜日 アレナ・グアダラハラ

f:id:naoki909:20170507124423j:plain

 火曜日グアダラハラのメインは、マキシモとエウフォリアのシングルマッチ。そして、セミにはインゴベルナブレスのルーシュ、マスカラ、ピエロスが登場。マルコ、バリエンテ、ティタン組と対戦。ミッドカードにはヴィルスが登場。サグラド、リッパーとタッグ組んで、ゲレロマヤ、パンテル、ソベラノと対戦。

5月12日金曜日 アレナ・メヒコ(ストリーミング配信あり)

f:id:naoki909:20170507125730j:plain

 金曜日アレナ・メヒコの注目カードは、ミッドカードのメキシコウェルター級タイトル戦。現王者のレイ・コメタに、ソベラノが挑戦。2試合目のタッグマッチは、ゲレロマヤ、ドローン、エスフィンヘ対ダイナマイト兄弟のサンソン、クアトレロ、フォラステロ。メインイベントにはインゴベルナブレスが登場。ルーシュ、マスカラ、ピエロスが、アトランティス、ディアマンテアスル、エストゥーカ・ジュニアと激突。

5月13日土曜日 アレナ・コリセオ

f:id:naoki909:20170509131157j:plain

 土曜日コリセオの注目マッチは、セミのタッグマッチ。ブルーパンテル、エストゥーカ、フエゴが、ダイナマイト兄弟こと、サンソン、クアトレロ、フォラステロと激突。ミッドカードの女子ルチャでは、マルセラ、スヘイ、サネリーが、ダリス、セウシス、レイナ・イシスと対戦。

5月14日日曜日 アレナ・メヒコ

f:id:naoki909:20170509131342j:plain

 日曜日アレナ・メヒコのメインは、カリスティコとエウフォリアのシングルマッチ。ベテラン同士の白熱した試合に期待。セミでは、アトランティス、マルコ、マキシモが、ロス・イホス・デル・インフィエルノのメフィストルシフェルノ、エフェストと対戦。

5月15日日曜日 アレナ・グアダラハラ

f:id:naoki909:20170509131609j:plain

 日曜日のグアダラハラのメインイベントは、スターブラック、マグヌム、ネウトロン対レオンブランコ、ナウティリウス、エクステルミナドールの試合。ミッドカードでは、アルテーニョ、ブラックシュガー、ファンタスティコ対プーマネグロ、グランケヌ、ミステル・アポロが対戦。

DDTの高山善廣が頚髄損傷

f:id:naoki909:20170504141354j:plain

(写真・記事元:solowrestling.com Gin Malkavar)

 5月5日金曜日大阪府豊中市ローズカルチャーホールで開催されたDDTプロレスリングの興行にて行われたHARASHIMA、高尾蒼馬、ヤス・ウラノ対勝俣瞬馬、樋口和貞、高山善廣のタッグマッチにて、高山がサンセットフリップをヤス・ウラノに仕掛けようとしたが、誤って頭から落下。高山は体を動かすことができず、試合はそのまま中止。近くの病院に救急搬送された。

 5月6日土曜日DDT代表取締役社長の高木三四郎が、広報の今林久弥、松井幸則と記者会見に現れ、高山が昏睡状態であることを発表した。事故当時は、意識もあり、会話することができており、高木は高山と共に救急車で病院に向かった。

 高山は事故後の検査で、頚髄損傷、変形性頸椎症と診断され、予断を許さない状況が続いているという。現在、高山は大阪の近くの別の病院に搬送されており、専門医師の治療を受けている。DDTは同氏の興行への出場を全てキャンセル。21日に予定されていたKO-Dタッグ王者タイトル防衛戦もキャンセルされた。また、高山が挑戦予定だった、竹下幸之介の持つタイトルへの試合は、ヤス・ウラノが代わりに挑戦することが決定した。

 今回のケガで、伝説のプロレスラーの引退が囁かれている。50歳の高山善廣は、プロレスラーとしてのキャリアをDDTで過ごしており、男色ディーノと共にKO-Dタッグ王者の座に君臨している。新日本、全日本、プロレスリンノアの最高のタイトルを獲得したことのあるレスラー二人の内の一人として、プロレスラーとして数多くの偉業を達成した。大森隆夫との伝説のNo Fearや、鈴木稔とはIWRGタッグ王者を共に獲得した。プロレスリンノアでは、2015年、2016年、そして2010年のグローバルリーグタッグに出場し活躍。また、マーシャルアーツの世界にも進出し、PRIDEでは、伝説のドン・フライと対戦。高山のキャリアを語る上で外せないのは2004年佐々木健介との試合後に脳梗塞を発症し、2年間試合を欠場したことがあるという事実だ。

www.solowrestling.com

IWRGウェルター級タイトル戦が開催

f:id:naoki909:20170507064703j:plain

 5月7日日曜日アレナ・ナウカルパンで開催されるIWRG定期興業の全カードが発表。気になるメインイベントでは、IWRGウェルター級タイトル戦が行われる。現王者のアルゼンチン出身のモスカに、ドラゴンフライが挑戦。セミのタッグマッチでは、ピラタ・モルガンピラタ・モルガン・ジュニア、イホ・デル・ピラタ・モルガンが、ビジャノⅣ、カラウィ、ベネノと激突。ミッドカードでは、ブラックテリーが登場。テリブレスセレブロスのセレブロネグロ、そしてパンテラⅠとタッグを組んで、ピベ・アルファホール、ヒップホップマン、テイラーと対決。

ビジャノファミリーが再びFILLを圧倒!

f:id:naoki909:20170503110325j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizarraga)

 5月3日水曜日アレナ・ナウカウルパンで開催されたIWRG定期興業メインイベントでは、ビジャノⅣ、ビジャノⅢ・ジュニア、コルティスが、ブラックテリー、デモニオインフェルナル、ディアブロ・ジュニアと対戦した。先週の水曜日に行われたFILL杯では、ビジャノⅣの介入で勝利を逃したGYM FILLだったが、果たしてリベンジマッチの結果はどうなったのだろうか。

 試合が始まると入場と同時に試合が開始。まず、ビジャノⅢ・ジュニアがブラックテリーと真っ向勝負を挑んだ。ビジャノⅢ・ジュニアが激しい拷問技でブラックテリーからギブアップを奪い、一本目はビジャノスの勝利。続く二本目でも同じ作戦で勝利を狙ったが、ディアブロ・ジュニアとデモニオインフェルナルが、反撃をチャンスをつかんだ。デモニオインフェルナルはビジャノⅣにターゲットを縛り、なおかつマスクを破壊しようとするなど、激しい攻撃を繰り返しピンフォールを奪った。

 三本目では、試合は激しさをさらに増した。最後は、デモニオインフェルナルのバッククラッカー、ビジャノⅢ・ジュニアのトップロープからのボディプレス、ビジャノⅣはブラックテリーからピンフォールを奪い、試合は再びビジャノスの勝利となり、GYM FILLはリベンジマッチに失敗。ところが、ブラックテリーが3カウントをぎりぎりで返したのを観客は見逃さなかった。会場ではブーイングの嵐が巻き起こり、結果として、次回の興行でブラックテリーとビジャノⅣによるシングルマッチで決着をつけることが決定した。

www.thegladiatores.com

ナバロファミリーがトリオ王者タイトル防衛に成功

f:id:naoki909:20170430195817j:plain

(写真・記事元:thebladiatores.com Diego Mejía Eguiluz)

 4月30日日曜日アレナ・ナウカルパンで開催されたIWRG定期興業は子供の日を記念する特別興行となった。メインイベントでは、死の一族ことネグロナバロ、トラウマ兄弟の持つIWRGトリオ王者タイトルに、テリブレス・セレブロスこと、ブラックテリー、ドクトル・セレブロセレブロネグロが挑戦した。

 試合は、ネグロ・ナバロとドクトル・セレブロのジャベの応酬から始まったが、すぐに挑戦者のテリブレスセレブロスが、ルールを無視して3対1の状況を作り出し、王者の勢いを止める作戦に出た。ところが、ネグロ・ナバロとトラウマ兄弟はすぐに状況を逆転。トラウマⅡがセレブロネグロを場外に引きずり下ろすと、ネグロ・ナバロとトラウマⅠが、リング上でブラックテリーとドクトル・セレブロからギブアップを奪い、一本目は死の一族の勝利となった。

 一本目を失ったテリブレスセレブロスだが、冷静さ失わなかった二本目では、王者の体力を確実に奪う作戦に切り替えた。トラウマⅡは強力なドロップキックでセレブロネグロを追い詰めたが、レフェリーらがネグロナバロと口論している間に、ドクトル・セレブロがトラウマⅡのローブローをシミュレーションし、それが成功。二本目はテリブレスセレブロスの勝利となった。

 試合を決する三本目では、ネグロナバロがトラウマ兄弟に上手く指示を与え、リング上でレフェリーの注意が場外に向いている間に、ブラックテリーのローブローをシミュレーションし、まんまと騙されたレフェリーが王者の勝利を宣言。ナバロファミリーが王者のタイトルを防衛した。

www.thegladiatores.com