メキシコに来て初の捻挫/トレーニングへの影響を懸念

 木曜日、仕事が終わって「今夜は下半身のトレーニングだ」などと思っていたら帰宅途中でまさかの捻挫。全体重が右足に乗った状態で捻ったため一瞬、骨が折れたんじゃないかというくらいの痛みが走りました。足を引きずりながらなんとか帰宅し、痛みが一時的に治まっていたので(恐らくアドレナリンの影響で痛みをあまり感じなかったに違いない。)「まあ筋トレして寝れば明日には治ってるだろ」と無謀にもトレーニングを開始。その後、就寝したのですが夜中の3時くらいに足の痛みで目が覚め、いよいよこれはマズイと。とりあえず朝の8時までまって職場に電話し病院へ行くので出社が遅れると連絡。そして病院に行った結果が…。

 全治4日間の捻挫でした。筋肉の炎症を抑えるということで足首の5か所に注射されました。5か所ですよ。素人目から見てもやり過ぎですよ。おかげで一時的に痛みは抑えられているので多少歩くことはできるのですが無理は禁物です。

 これはメロキシカムという薬。日本では10㎎配合のものがほとんどですが、ここメキシコでは上限摂取量15㎎で売られています。一日にこれ以上飲むと副作用が現れる可能性があるので危険です。筋肉や関節の炎症を抑える効果がありますが、副作用も激しい薬なのでちょっと様子見という感じでしょうか。日本の薬と違っていかにも「薬」というパッケージですよね。
 とまあ、意外に早く治りそうな予感なので筋力のダウンはそれほど心配していないのですが、やはりまともに歩けるようになりたいので今週末は家でゆっくり休養しようと思っています。