日本食レストランで舌鼓

 金曜日は仕事帰りに職場の同僚と食事に行くことが多いのだが、昨日は再び僕の家の近くの日本料理店DEIGOで夕食をとった。渋滞の影響でお店に到着したのは午後9時30分を回っていたがラストオーダーには十分に間に合った。

 にんにくが食欲をそそる牛の叩き。白いご飯が欲しい。

 鰻の押し寿司。値段は少々高めなのですがこれが非常に美味しい。タレも変にメキシコ人好みにアレンジされているわけでもなく、日本で食べる味と同じ。

 鳥の唐揚げ。お肉はとても柔らかいのですが味がほとんどついておらず、頼んだ料理中もっとも残念な料理だった。サラダが付いているのはグッド。

 メインのタンメン。メキシコシティにはラーメンを食べられる場所が数多くあるが、DEIGOのラーメンはその中でも屈指の美味しさ。ただ、キムチ味噌ラーメンだけはおススメできない。
 他にもさまざまなメニューがあるのだが、調子に乗ってたくさん注文すると食べきれないので今回はほどほどにしておいた。ラーメンの量がとにかく多いのでメインをラーメンにする場合は他に2品くらいつまめるものがあれば十分かと。また近いうちに行きたい。

広告を非表示にする