読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「永遠の0」読みました

日記

 いきなりなんですが、百田尚樹の「永遠の0」を読みました。大雑把な感想を言うと非常に読みやすい内容で、第二次世界大戦がどんなものだったのかを知るには良い本だと思いました。

 ただ、誤解を招きたくないので付け加えたいのですが、この「永遠の0」に書いてあることが100%真実だとは思わないほうが良いと思います。こういうことは、いろいろな視点からの資料や作品に触れて、自分なりの答えを持つことが重要ではないかと思うのです。

 また、非常に読みやすい内容、というと良いように思えますが、正直なところ僕はちょっと物足りない感じがしました。戦時中の人の体験談ということで、物語が進んでいくわけですが、読者に想像させるような場面が少なくて、なんだか資料集の一つのような感じがしなくもありません。

 あと、一部で「戦争を美化している」といった意見があるようですが、僕はそんな風には思いませんでした。

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

広告を非表示にする