読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェニックスがAAAからの退団を発表

f:id:naoki909:20160926044445j:plain

(写真・記事元:SportonlineHD)

 AAAのフェニックスがAAAを退団すると発表された。フェニックスはThe Crashの興行でAAAを退団し、インディーとして活動することを発表した。

 同興行では、WWEではグランメタリックとして知られている、マスカラドラダが登場し、その日の興行では当日発表のルチャドールと対戦することが発表されていた。そして、発表されたのは言うまでもなくフェニックスだったわけだが、リングではレイ・フェニックスとして登場。これはAAAがフェニックスの名前の所有権を有しているためで、メキシコ国内での試合ではフェニックスという名前が使用できないことによるものだ。勿論、AAAの所有権が有効なのはメキシコ国内のみなので、国外ではこれまで通りフェニックスという名前で活動することが可能だ。

 レイ・フェニックスはルチャリブレFMV LLCという会社がキャラクターを管理しているが、これはルチャアンダーグラウンドと共有するリスクでもある。

 レイ・フェニックスとしてデビューした今、今度はルチャリブレグッズを販売する企業が、公式にレイ・フェニックスのグッズの販売を開始した。また、同企業はインスタグラムにおいて、レイ・フェニックスの名前は、彼の憧れであるレイ・ミステリオ・ジュニアの偉業を称えてつけられたものであるとも発表した。

 名前の変更と共に、マスクのデザインも変更。ミステリオのマスクにもある十字架が正面にデザインされた。

 フェニックスのAAA退団はルチャ・アンダーグラウンドの番組進行には影響はないとされている。フェニックスの兄弟のペンタゴン・ジュニアは、同団体でも重要なルチャドールであり、これからもそれは変わらないだろう。

 フェニックスはこれからもメキシコのリングに登場するが、ペンタゴン・ジュニアと共にアメリカに住んでいるので、向こうでのさらなる活躍に期待だ。

www.sportonlinehd.com

広告を非表示にする