読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス興業結果レポート

f:id:naoki909:20170321023343j:plain

(写真・記事元:solowrestling.com Walter Rosales)

 2017年3月17日金曜日アレナ・メヒコにて、CMLLがサルバドール・ルテロス、そしてビジャノⅢの功績を称えるオメナヘ・ア・ドス・レジェンダス興業を開催し、そのメインでは、ピエロスとディアマンテアスルが満員の会場でコントラマッチを繰り広げた。

 1試合目のエストレジータ、マルセラ、スヘイ対セウシス、アマポーラ、ティファニーの試合では、不幸なことにエストレジータがトップロープから場外へ落下する事故が発生。試合はルーダの反則負けとなったが、幸先の悪いスタートなってしまった。

 2試合目のドラゴン・リー、エストゥーカ・ジュニア、ティタン対エウフォリアのタッグマッチでは、ドラゴンリーとニエブラロハが観客の期待通りの動きを見せ、華麗な場外への空中技を繰り広げた。試合はテクニコ側の勝利となった。

 アトランティス、カリスティコ、マルコ対ルーシュ、マスカラ、クラネオの試合では、クラネオが予想外のインゴベルナブレスのふたりとの連携で活躍。試合はルード側の勝利。

 ウルティモゲレロとマットターバンのによるNWAミドル級タイトル戦では、観客の声援を受けたウルティモゲレロが有利だった。試合は、ダイナミックな展開で観客は大興奮。ターバンは王者を脅かす存在となったが、第二ロープからのパワーボムから、ゲレロエスペシアルを決めたウルティモゲレロが防衛に成功した。

 セミのCMLLトリオ王者タイトル戦では、緊急手術を受けることとなったエフェストの代わりにエチセロが急きょ参戦。挑戦者のメフィストルシフェルノは作戦変更を余儀なくされたが、試合の質が下がることはなく、絶妙なコンビネーションを見せた。3本目ではボラドール・ジュニアとエチセロがリングから去ると、ミスティコとバリエンテが、華麗なシューティングスタープレス、バリエンテバスターで、ルシフェルノとメフィストを破り、タイトルの防衛に成功した。

 メインのマスカラ戦では、ディアマンテアスルとピエロスが激突。この試合を待っていたと言わんばかりに、会場の熱気も最高潮へと達した。1本目を速攻で奪ったピエロスだったが、続く2本目ではディアマンテアスルのマスクを奪い、反則を取られ試合はイーブンに。3本目は、セコンドのマキシモ、そしてルーシュの介入、さらにはマスカラ、マルコ・コルレオーネまで登場。その後、テリブレが登場し、インゴベルナブレスを攻撃した。レフェリーによって彼らが他場処分となった数秒後、ディアマンテアスルのジャーマンスープレックスが決まり、ピエロスを破った。マスクを取ったピエロスは、ルチャリブレ歴26年のアルトゥロ・ムニョス、47歳と名乗ったのち、彼が会場を後にするまで、ディアマンテアスルを攻撃し続けた。

www.solowrestling.com