AAA代表取締役のホアキン・ロルダン氏が死去

f:id:naoki909:20170410025923j:plain

(画像・記事元:superluchas.com Dark Angelita)

 AAAが代表取締役ホアキン・ロルダン氏の死を伝えた。62歳だった。

 ロルダン氏は元取締役、団体の創始者であるアントニオ・ペニャ氏が、長い闘病の末亡くなった2006年から、団体の顔として活動していた。

 未来を見据え、新しい風をメキシコルチャリブレに巻き起こし、ファンの間に数々の議論を巻き起こすような決断を取りながら、10年間団体を導いた。

 昨年から、メディアへの露出が少なくなっていたロルダン氏だったが、代わりに息子のドリアン・ロルダン・ペニャがメディアへの対応を行っていた。

 ロルダン氏のメディアへの最後の登場は、1月24日に行われたAAA創立25周年を祝うための、各地での興行と、集大成ともいうべき8月26日に開催予定のトリプレマニア XXVの記者会見だった。記者の前に、そのやつれた姿を見せたロルダン氏は、2017年はAAAにとって偉大な一年になるだろうと楽観的な様子だったが、残念なことにロルダン氏がそれを見ることはもうない。

superluchas.com

広告を非表示にする