読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナバロファミリーがトリオ王者タイトル防衛に成功

f:id:naoki909:20170430195817j:plain

(写真・記事元:thebladiatores.com Diego Mejía Eguiluz)

 4月30日日曜日アレナ・ナウカルパンで開催されたIWRG定期興業は子供の日を記念する特別興行となった。メインイベントでは、死の一族ことネグロナバロ、トラウマ兄弟の持つIWRGトリオ王者タイトルに、テリブレス・セレブロスこと、ブラックテリー、ドクトル・セレブロセレブロネグロが挑戦した。

 試合は、ネグロ・ナバロとドクトル・セレブロのジャベの応酬から始まったが、すぐに挑戦者のテリブレスセレブロスが、ルールを無視して3対1の状況を作り出し、王者の勢いを止める作戦に出た。ところが、ネグロ・ナバロとトラウマ兄弟はすぐに状況を逆転。トラウマⅡがセレブロネグロを場外に引きずり下ろすと、ネグロ・ナバロとトラウマⅠが、リング上でブラックテリーとドクトル・セレブロからギブアップを奪い、一本目は死の一族の勝利となった。

 一本目を失ったテリブレスセレブロスだが、冷静さ失わなかった二本目では、王者の体力を確実に奪う作戦に切り替えた。トラウマⅡは強力なドロップキックでセレブロネグロを追い詰めたが、レフェリーらがネグロナバロと口論している間に、ドクトル・セレブロがトラウマⅡのローブローをシミュレーションし、それが成功。二本目はテリブレスセレブロスの勝利となった。

 試合を決する三本目では、ネグロナバロがトラウマ兄弟に上手く指示を与え、リング上でレフェリーの注意が場外に向いている間に、ブラックテリーのローブローをシミュレーションし、まんまと騙されたレフェリーが王者の勝利を宣言。ナバロファミリーが王者のタイトルを防衛した。

www.thegladiatores.com