DDTの高山善廣が頚髄損傷

f:id:naoki909:20170504141354j:plain

(写真・記事元:solowrestling.com Gin Malkavar)

 5月5日金曜日大阪府豊中市ローズカルチャーホールで開催されたDDTプロレスリングの興行にて行われたHARASHIMA、高尾蒼馬、ヤス・ウラノ対勝俣瞬馬、樋口和貞、高山善廣のタッグマッチにて、高山がサンセットフリップをヤス・ウラノに仕掛けようとしたが、誤って頭から落下。高山は体を動かすことができず、試合はそのまま中止。近くの病院に救急搬送された。

 5月6日土曜日DDT代表取締役社長の高木三四郎が、広報の今林久弥、松井幸則と記者会見に現れ、高山が昏睡状態であることを発表した。事故当時は、意識もあり、会話することができており、高木は高山と共に救急車で病院に向かった。

 高山は事故後の検査で、頚髄損傷、変形性頸椎症と診断され、予断を許さない状況が続いているという。現在、高山は大阪の近くの別の病院に搬送されており、専門医師の治療を受けている。DDTは同氏の興行への出場を全てキャンセル。21日に予定されていたKO-Dタッグ王者タイトル防衛戦もキャンセルされた。また、高山が挑戦予定だった、竹下幸之介の持つタイトルへの試合は、ヤス・ウラノが代わりに挑戦することが決定した。

 今回のケガで、伝説のプロレスラーの引退が囁かれている。50歳の高山善廣は、プロレスラーとしてのキャリアをDDTで過ごしており、男色ディーノと共にKO-Dタッグ王者の座に君臨している。新日本、全日本、プロレスリンノアの最高のタイトルを獲得したことのあるレスラー二人の内の一人として、プロレスラーとして数多くの偉業を達成した。大森隆夫との伝説のNo Fearや、鈴木稔とはIWRGタッグ王者を共に獲得した。プロレスリンノアでは、2015年、2016年、そして2010年のグローバルリーグタッグに出場し活躍。また、マーシャルアーツの世界にも進出し、PRIDEでは、伝説のドン・フライと対戦。高山のキャリアを語る上で外せないのは2004年佐々木健介との試合後に脳梗塞を発症し、2年間試合を欠場したことがあるという事実だ。

www.solowrestling.com

広告を非表示にする