ウルティモドラゴンのデビュー30周年記念興行開催!

f:id:naoki909:20170527100403j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 今回で第12回となった、ウルティモドラゴン主催のイベント「ドラゴマニア」が5月27日土曜日アレナ・メヒコで開催された。今回のイベントは同時にウルティモドラゴンのデビュー30周年を祝う特別興行ということで、全日本プロレスからは秋山準が駆け付け、さらにはスーパースターのカリスティコとタッグを組み、ウルティモゲレロ、全日本の元三冠ヘビー級王者ジョー・ドーリング、そして、現在CMLLで最も憎まれた外国人として活躍する、サム・アドニスと対決した。

 試合が始まると序盤からルードの猛攻がウルティモドラゴンを襲い、マスクを破られて一本目を失ってしまう。二本目に入ると、新たなマスクの準備のために控室に入ってしまったウルティモドラゴンが不在となり、秋山とカリスティコが圧倒的に不利な状況に陥ってしまった。ところが、控室からウルティモドラゴンが戻ると状況は一変、カリスティコのミスティカがウルティモゲレロに決まり二本目の奪取に成功。三本目に入ると拷問技の応酬が両タッグの間で繰り広げられた。終盤、カリスティコのトペスイシーダウルティモゲレロに決まると、秋山がドーリングと戦っている間に、ウルティモドラゴンのフィニッシャーであるドラゴンカッターがサム・アドニスに決まり、試合はテクニコが勝利となった。

f:id:naoki909:20170527100602j:plain

www.thegladiatores.com