エレクトロが辛くもタイトル防衛に成功

f:id:naoki909:20170716092459j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 ブラックウォリアーの勢いが止まらない最近のナウカルパン。最近では、ロス・オフィシアレスを丸坊主にしたピラタ・モルガンファミリーへの協力し、現在は、ミステル・エレクトロの持つIWRGヘビー級タイトルに狙いを定めている。7月16日日曜日のメインマッチでは、セコンドのトラウマⅡとエレクトロの膝を徹底的に追い詰めていった。一方、エレクトロのセコンドのダイナミックブラックは、トラウマの介入に反撃の機会をうかがっていたものの、マスクを破壊されて控室に退室してしまった。ブラックウォリアーは試合終盤もエレクトロの膝を攻撃し続け、関節技の前にエレクトロもついにギブアップしたが、レフェリーがそれに気づかず、それに腹を立てたブラックウォリアーがレフェリーを攻撃し、試合はブラックウォリアーの反則負けとなった。

 試合後、エレクトロはブラックウォリアーへのコントラマッチ挑戦を宣言。試合は7月23日アレナ・ナウカルパンで、トラウマ、そして、あのカリスティコを交えて開催される。

www.thegladiatores.com