セウシスがCMLL創立記念興行でスヘイとのマスカラ戦に勝利

f:id:naoki909:20170918040114j:plain

(画像元:cmll.com 記事元:solowrestling.com Walter Rosales)

 プエルトリコ人がベテランルチャドール勝利し、3つ目のマスクをCMLLで手にした。

 9月16日土曜日CMLL創立84周年記念興行で、セウシスがベテランのプリンセサ・スヘイを激戦の末に制した。創立記念興行における女性同士のマスカラ戦は史上初となる。同時に、プリンセサ・スヘイは、創立記念興行で初めてマスクを失った選手となった。セウシスは、コーナーポストからのスパニッシュフライでスヘイに勝利した。

 セウシスとスヘイは、タイトル戦や、その他のコントラマッチから続く長いライバル関係にあった。今回の勝利を受け、セウシスは今後もメキシコで最も成功した外国人女性ルチャドールとして活躍することになる。

 プリンセサ・スヘイはマスクを脱いだ後、エルネスティナ・スヘイ・サラサール・マルティネス、現在37歳で、21年をプロとして活動してきたことを公開した。スヘイは6回目のコントラマッチで敗北したことになる。6回の内、3回は外国人選手との試合だった。

www.solowrestling.com