クアトレロがアンヘル・デ・オロとのマスカラ戦を制す!

f:id:naoki909:20180318030719j:plain

(写真元:cmll.com 記事元:solowrestling.com Walter Rosales)

 10年以上の時を経て、ダイナマイトファミリーがルチャリブレの聖地アレナメヒコで勝利の美酒に酔った。3月16日金曜日に開催されたHomenaje a Dos Leyendas大会のメインイベントにて、クアトレロがアンヘル・デ・オロを下し、自身初となるコントラマッチに勝利した。

 両選手はお互いに兄弟をセコンドとして引き連れて登場。激闘の末、アンヘル・デ・オロの得意技であるカンパナを回避したクアトレロが試合に勝利した。ダイナマイトファミリーのアレナ・メヒコでの勝利は、2001年、叔父にあたるウニベルソ2000がペロ・アグアヨとのカベジェラ戦に勝利して以来の快挙だ。

 試合後、アンヘル・デ・オロは観客と家族の前で、元ルチャドールであり父親であるアポロ・チャベスがかつて活躍した会場でマスクを脱いだ。本名ミゲル・アンヘルチャベス・ベラスコはコアウイラ州トレオン出身の29歳で、プロとして12年のキャリアを積んでいるという。

 アンヘル・デ・オロは、CMLL創立記念興行にて、兄のニエブラロハがグランゲレロに敗れマスクを失ってからわずか6か月後に同じくマスクを失ったことになる。

www.solowrestling.com