ボラドールジュニアとバリエンテがCMLL新タッグ王者の座に君臨

f:id:naoki909:20180320023637j:plain

(写真・記事元:solowrestling.com Walter Rosales)

 長らく防衛戦が行われなかったCMLLタッグ王者がショッカー、ネグロカサスより返還され、その新王者を決める試合がHomenaje a Dos Leyendasにて行われた。試合は、ボラドールジュニアとバリエンテが、テリブレ、レイ・ブカネロを退けて新王者の座に着いた。

 試合は同大会のセミで行われた。今日のタイトル戦への挑戦者は、2月に前もって行われた前哨戦にて決定されていた。タイトルはネグロカサスとショッカーが2016年から所有していたが、度重なる負傷欠場で防衛戦が長らく行われていなかった。

 ボラドールにとってはこれが二度目のタッグ王者タイトル獲得であり、バリエンテにとっては自身初となる。また、ボラドールとバリエンテは、ミスティコとのトリオ王者タイトルも所有している。

www.solowrestling.com