浜田文子が覚醒剤所持で逮捕

f:id:naoki909:20180518105842j:plain

(画像元:pro-w-wave.com 記事元:solowrestling.com)

 日系人ルチャドール浜田文子覚せい剤所持で日本で現行犯逮捕された。

 同選手と契約を結んでいたPro Wrestling WAVEは5月15日の興行で状況を説明した。同団体の社長である二上美紀子が武哲也を付き添いに登場すると、涙ながらに浜田の逮捕を伝えた。また、同社は浜田との契約を破棄し、永久追放するという。同社は株主に謝罪するとともに公式文書でも謝罪した。

 浜田は仙台ガールズプロレスリングにおいて、5月13日日曜日大阪興行にてDASH・チサコとのタイトル戦が予定されていたが、健康上の理由でキャンセルし、タイトルを返上していた。ところが、翌日、Pro Wrestling WAVEが真相を突き止めたことになる。

 浜田は麻薬取締法違反で現行犯逮捕された。彼女の弁護人は東京スポーツのインタビューに対し、今回の覚せい剤所持は初めてのことであり、長期にわたって使用は行っていない、と本人は供述しているという。かつて、同じ罪状で逮捕されたプロレスラーが少なくないが、いずれも社会的地位の回復に長期間を要している。WAVEの所属選手の中には浜田に復帰への協力に意欲を見せている選手もいるようである。

 37歳の浜田文子グラン浜田の娘として世界中で活躍を続ける選手である。98年に日本でデビューすると、メキシコと日本の両方で活躍。TNAでもタッグ王者タイトルを獲得し、AAAではReina de Reinasも獲得している。日本でもWAVEや仙台ガールズの他、全日本、Gaea Japanなどで活躍していた。

www.solowrestling.com