トラウマⅡがZONA DE EJECCIONから生還!

f:id:naoki909:20180724193103j:plain

(写真・画像元:thegladiatores.com Alfonso Lizarraga)

 IWRGとアレナナウカルパンが、去る7月22日、彼らのクラシックな大会の一つであるZona de Ejeccion大会を開催した。大会は4つのタッグチームによる途中交代なしのエリミネーションマッチ形式で行われた。

 今年の同大会参加者は順に、エテルノ・トラウマ兄弟・メディコアセシノチーム、インポシブレ・エンペラドールアステカ・アレブリヘ・フリーランスチーム、ラフィ・レオ・マイク・レランパゴチーム、そして、カニスルプス・セレブロ・ベネノ・パンテラチーム。

f:id:naoki909:20180724195147j:plain

 複雑な試合は、レジェス・ロサスとゴリアスがレフェリーで開始。ライバル同士での口論から試合が始まる波乱の幕開けとなった。

 レフェリーが試合を仕切りなおすと、試合では拷問技、殴打攻撃、蹴り技、空中技、関節技の応酬のレパートリーが繰り広げられ、それぞれのチームの代表者が退場を始めると、次の代表者がリングに乗り込んでいった。試合も熟成を始めるとリングに残ったのはトラウマⅡ、イホ・デル・アレブリヘ、ドクトル・セレブロの3人。

f:id:naoki909:20180724195200j:plain

 最後はトラウマⅡがセレブロからピンフォールを奪って大会を制したが、3カウント目に、セレブロの手がロープに掛かっていた。

www.thegladiatores.com