フェニックスとペンタゴンジュニアが、契約上WWEと契約できないことが判明

f:id:naoki909:20180912192917j:plain

(画像元:@MLW 記事元:solowrestling.com Ignacio Teijeira)

 ここ数日間、フェニックスとペンタゴンジュニアの将来について、とりわけWWEとの契約について様々な憶測が飛び交った。この件に関して、The Wrestling Observer Newsletterは、現在のところ、両名ともいかなる団体とも契約を結ぶことができないという。

 2人ともLucha Undergroundと契約を結んでおり、その中で、インディー団体、Impact Wrestling以外の団体との契約を禁止されているというのだ。WWEは2人に興味を示しており、Lucha Undergroundのシーズン4が終わるのを待って、契約を持ちかけるのではないかという。

 とにかく、フェニックスとペンタゴンWWEからの接近については否定していることは覚えておこう。PCW Ultra興行において、ペンタゴンは「俺はどこにも行かない」ということを宣言し、噂を払拭した。また、ペンタゴンはNXTとのつながりを示すような画像をSNSで共有し、すぐに削除したことも確かである。

 最終的には2人がWWE参加のNXTに参戦するのも、インディーで活動を続けるのも、Lucha Undergroundや、AAA、そして、王者の座に輝いたImpact Wrestling等で活動するのも、彼ら自身が決定することだ。

www.solowrestling.com