エレクトロが元WWE選手を破って勝利

f:id:naoki909:20180925192558j:plain

(画像・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 9月23日日曜日アレナ・ナウカルパンで開催されたIWRG定期興業のメインイベントにて、ミステル・エレクトロ、エンペラドールアステカ、インポシブレ組が、カナダ人選手の元WWE所属キザーニー、ウルティモグラディアドール、イホ・デル・ピラタモルガン組と激突。試合はエレクトロとキザーニーの殴り合いからスタート。インポシブレとグラディアドールに交代すると、インポシブレのピンサスがグラディアドールに決まり、トップコーナーからのトルニージョが炸裂。エンペラドールとピラタがリングインすると、張り手合戦が始まるも、一本目はそのままテクニコの勝利となった。

f:id:naoki909:20180925193310j:plain

 二本目に入るとルードが3対1のリンチ攻撃を開始。エンペラドールが痙攣を引き起こすほどに徹底的に痛めつけられ、二本目はルードが奪取。

f:id:naoki909:20180925193448j:plain

 続く三本目ではテクニコが、二本目で激しく負傷したエンペラドール不在のまま試合開始。不利な状況ではあったが、エレクトロがダイアモンドカッターをキザーニーに決めると、ピンフォールを奪ってチームを勝利に導いた。

www.thegladiatores.com