クエルボがエレクトロを撃沈!

f:id:naoki909:20181028100941j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 ナウカルパンのリングに登場するのは今回で2回目となるクエルボ・デ・プエルトリコが、今回はウルティモグラディアドール、イホ・デル・カニスルプスとタッグを組んで、エレクトロ、インポシブレ、メタレオンと対戦。メタレオンは急きょ欠場となったダニー・カサスの穴を埋めるべくリングに上った。

f:id:naoki909:20181028100007j:plain

 試合が始まると、エレクトロがカニスとの関節技の応酬を始めようとするが、クエルボがすぐに介入。そして、二回目の介入時にはグラディアドールも乱入し、逆に二人、三人がかりでエレクトロを追い詰める。試合はリング外にも及び、クエルボは激しくエレクトロをリングの端に打ち付け、グラディアドールはメタレオンを、そしてカニスはインポシブレからギブアップを奪い、一本目はルードに軍配が上がった。

 続く二本目ではテクニコが逆襲を開始。客席の応援を受けて、テクニコが今度は同じようにコーナーポストを使った技や、イス、台座などを用いてルードを追い詰め、試合は三本目に突入。

f:id:naoki909:20181028100923j:plain

 試合終盤、メタレオンが場外のグラディアドールにトぺを決めると、リングに残ったのはクエルボとエレクトロ。すると、クエルボが蛍光灯を立てかけたコーナーに目がけてエレクトロを投げ飛ばし、そのままピンフォール。試合はルードの勝利となった。

www.thegladiatores.com