WWEが新日所属の3名の選手に接触

f:id:naoki909:20181110130839j:plain

(画像・記事元:superluchas.com JonDuarte)

 数日前、デイブ・メルツァー氏が、WWEが世界で最も優れた2名の選手と契約を結ぶことに興味がある、と伝えたが、具体的な名前への言及はなかった。しかし、ここ数日間で名前の挙がった選手を一人ずつ消去していこう。例えば、ELITEや内藤哲也だ。内藤に至っては、WWEからのオファーを受けたが断ったことを明らかにしており、「考えるまでもないっすよね。少なくとも俺にとっては、この場所(新日)が既に世界一のリングなわけですから。」と東スポの取材に応えている。

 2名の内の1人が内藤だとして、もう一人は誰なのだろうか。現在のところ、その名前はまだ上がっておらず、オファーを断ったのか受けたのかさえ分かっていなかった。ところが、最新のWrestling Observerの情報によると、WWEは2名ではなく、日本のプロレス団体に所属する3名の選手との契約に身を乗り出しているという。

 「内藤は、少なくともその中の1人であり、WWEは既にコンタクトしました。他の二人は考えるまでもなくオファーを断りませんでした。1人は驚きの選手ですし、もう一人は素晴らしい選手ですが、WWEのシステムの中では成功するとは思えない選手です。しかし、他の日本人選手と同じようにアメリカに移住することには何の問題もない選手です。」

 新日には優れた選手が大量に所属しているため、予想するのは簡単ではない。勿論、我々の頭に真っ先に思い浮かぶのは、以前、TNAに短期間ながら所属していたオカダカズチカだ。

 驚きの選手についてだが、それはオファーを受けるとは思えない選手だからなのか、それともWWEが興味を示すとは思えない選手なのかは不明だ。続報が入り次第お伝えする。

superluchas.com