シャイナ・ベイズラーがNXT女子王者タイトル防衛に成功

f:id:naoki909:20181119050224j:plain

(画像元:WWE.com 記事元:solowrestling.com IVÁN BEAS)

 シャイナ・ベイズラーがNXT女子王者の座を守った。シャイナは挑戦者のカイリ・セインを下し、タイトルの防衛に成功したが、友人であるジェサマイン・デュークとマリーナ・シャファーが試合に介入したところから議論を巻き起こすこととなった。

 一本目は、カイリ・セインが試合を推し進め、いかんなく実力を発揮。そのまま一本目を奪うかに思えたが、ベイズラーの友人の二人が乱入し、レフェリーの目を盗んでセインを攻撃。その後、ベイズラーが関節技でカイリからギブアップを奪う。

 日本目に入ると、ベイズラーが一本目の勢いのまま、激しい殴打をカイリに食らわせるが、カイリが反撃を開始。ジェサマインとマリーナを気絶させると、得意のダイビングエルボードロップで二本目を奪うことに成功する。

 三本目に入ると試合を支配していたのはカイリだったが、ここで再びレフェリーの目を盗んでのジェサマインとマリーナの介入がスタート。しかし、今回は第7騎兵連隊のごとく、ダコタ・カイと柴雷イオが登場し、介入を妨害。勝利まで目前というところで、セインが得意のフィニッシャーを繰り出すも、逆に空中で反撃され、そのままベイズラーがピンフォール勝ちを収めた。

 今回で5度目の対戦となったベイズラーとカイリだったが、今回はスペードの女王ことベイズラーの勝利となり、タイトル防衛となった。

www.solowrestling.com