ロス・カポスがIWRGタッグ王者タイトル獲得

f:id:naoki909:20181125105302j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 11月25日日曜日の夜、アレナ・ナウカルパンは白熱した流血試合を目の当たりにした。IWRGタッグ王者の座に君臨するビジャノⅤジュニア、ロカンボレジュニアが、ロス・カポスこと、カポス・デル・ノルテ、そして、スルの挑戦を受けて立ったのである。

f:id:naoki909:20181125102713j:plain

 試合は関節技の応酬からスタート。テクニコがリードを奪ったが、徐々にルード側も体勢を立て直し始める。すると、ビジャノとロカンボレがルールを無視して、2対1でロス・カポスを攻撃。マスクを破壊し、額を割ってリングが血の海へ。

f:id:naoki909:20181125103527j:plain

 すると、カポスも反撃を開始。王者のマスクを破壊し、熱い血をリングにまき散らすと、試合は本物の流血試合へ突入。両者とも大量出血で気を失いかけながらも、最後は挑戦者のカポスが王者を破りタイトル奪取に成功。試合後は、敗れた王者と新王者が、お互いの健闘を称え合った。

www.thegladiatores.com