KUSHIDAがWWEと契約!?

f:id:naoki909:20181207121030j:plain

(写真元:Defiant Wrestling 記事元:solowrestling.com SEBASTIÁN MARTÍNEZ)

 Wrestling Observerのデイブ・メルツァー氏が、WWEと契約の可能性があるプロレスラーの名前を複数挙げた。

レイチェル・エラリング

 インディーで活躍するプロレスラーであり、殿堂入りを果たしているポール・エラリングの娘。Impact WrestlingやNXTに登場したこともある。レイチェル・エバーズの名前でメイヤングクラシックにも出場した。同大会には二度出場しているが、一回目はアビー・レイスに、二回目は松本浩代にそれぞれ敗れている。

カレンQ

 第二回メイヤングクラシックに登場したが、シア・リーに敗北。ROHやRISE Wrestlingに登場したこともある。

KUSHIDA

 言わずと知れた新日のスター選手の1人。10月8日のKing of Pro-Wrestling大会でマーティ・スカルを破り、現IWGPジュニアヘビー級王者である。新日のみならず、世界の団体で数々のタイトルを獲得し、ROHのテレビ放送大会でも優勝。マーシャルアーツの達人でもあり、無敗を誇っている。

 この3名の中で最も注目すべきなのはKUSHIDAである。2019年1月4日に開催されるWrestle Kingdom 13では石森太二相手に防衛戦を行う。新日との契約は2019年1月末までであり、WWEとの契約が行われるのも同じ時期ではないかと見られ、契約を結んだ場合、まずはNXTに姿を現わすとみられる。