カラウィ、デスメタル組がEL PROTECTOR大会優勝

f:id:naoki909:20190217095850j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com ALFONSO LIZÁRRAGA)

 2月17日日曜日アレナ・ナウカルパンで2019年度EL PROTECTOR大会が開催され、8組のタッグがIWRGインターコンチネンタルタッグ王者タイトル挑戦権を賭けて試合に臨んだ。ルールはエリミネーション形式のタッグマッチで、最後まで勝ち残ったタッグが優勝というものだ。

f:id:naoki909:20190217095420j:plain

 まず、ロカンボレジュニア、ドランセル組がビジャノⅤジュニア、アンヘル・デ・トルメンタ組に敗れると、続いてピットブル、ラティノ組がカラウィ、デスメタル組によって排除。イホ・デ・カニスルプス、ブラソ・デ・オロジュニア組はセレブロネグロ、ネサキッド組に敗れ、ブラックテリーとプーマ・デ・オロ組はスンビ、ディアブロジュニア組を破った。続いて、カラウィ、デスメタル組はビジャノ、アンヘル組と対戦。壮絶な流血試合の末、カラウィ、デスメタル組が決勝に駒を進める。ブラックテリー、プーマ組はセレブロネグロ、ネサキッド組に敗れ、決勝はカラウィ、デスメタル組対セレブロネグロ、ネサキッド組となった。

f:id:naoki909:20190217095826j:plain

 決勝では場所を問わずの大技連発で、デスメタルが大量に血液を失うものの、意地で、セレブロネグロからギブアップを奪うと、カラウィもネサキッドからギブアップを奪い、大会に優勝。現IWRGタッグ王者のオフィシアレスへの挑戦権を獲得した。

www.thegladiatores.com