バティスタがプロレス引退を発表

f:id:naoki909:20190408203438j:plain

(写真元:WWE.com 記事元:solowrestling.com  SEBASTIÁN MARTÍNEZ)

 WrestleMania 35に登場し、No Holds BarredマッチでトリプルHに敗北したバティスタ。もしバティスタが勝利すればトリプルHの引退を公約に行われた試合であった。ところが、敗北を通して試合後にバティスタSNSを通して引退を発表。実は大会の前から引退を暗示していた。

 「@WWEUniverse 君らを楽しませることができたことに感謝している。私はこの仕事が大好きで、君らは私を励まし、もしくは、不満だったかもしれないが、君らの小さな一部であれたことに感謝している。私は公式に、スポーツエンターテイメントからの引退し、私の信じられないような旅に深く感謝している。」

 ニュースは野獣がトリプルHに敗れてから数分後にWWE.comを通じて発表されSNSに広まった。バティスタはイベント前のインタビューにおいて、1試合行うためにWWEへ戻る意思を示したが、それは引退試合を行うためだったようだ。

 元世界ヘビー級王者はハリウッドの世界に身を置き、アベンジャーズシリーズのドラックス・ザ・デストロイヤー役などで活躍し、一躍トップスターの仲間入りとなった。バティスタは数々のタイトルを獲得すると共に、WWE第二の黄金時代を築いた選手の一人とされる。

https://www.solowrestling.com/new/79796-batista-anuncia-su-retiro-como-luchador-profesional