ルチャリブレ馬鹿は今日もプロテインです

ルチャリブレ、プロレスのスペイン語記事を日本語訳して紹介します。

【CMLL】アレナ・プエブラ定期興業再開へ

f:id:naoki909:20210703114630j:plain

(写真・記事元:superluchas.com Apolo Valdés)

  • アレナ・プエブラでの定期興業が7月5日から16ヶ月ぶりに再開するという。

 約1年半ぶりに、COVID-19の世界的感染拡大が原因で活動を停止することとなった、CMLLの会場であるアレナ・プエブラが、7月5日月曜日から活動を再開するという。

 ルテロス一家のルチャリブレ団体は、7月5日に『Templo de Dolor』と題された初めての大会が開催されることを発表したが、入場者数については言及しなかった。入場者数は、最大収容人数が3,000人であることから1,000人ほどになると見られている。

行政の承認待ち

 アレナ・プエブラの経営者らによる働きかけにも関わらず、内務省は同会場は活動再開の承認を保証するQRコードの発行が完了していないことを発表した。

 それを踏まえた上で、同会場の管理者であるベンハミン・マル氏は、常に区役所と直接連絡を取っていたため、上記の手続きを知らなかったため、市民保護課との会議を行わなければならなかったという。

 「『ベンハミン氏は、自身の無知による未意識の見過ごしであったことを認めました。私たちは文字通り要求を満たしたうえで活動を再開させたいと願っている者達ですが、それに向けての最後の必要条件を本当に知らなかったのです。』と地方紙Sol de Pueblaのインタビューに答えている。」

 「『州の市民保護課に委ねています。前もって、私の無知に謝罪致しますが、良いことは我々には問題を解決する時間があるということと、興行の開催を続けることができるということです。我々の活動次第である多くの人々と、選手の仕事の重要な源泉を16ヶ月間停止してきましたから、活動再開に向けて支援と理解を行政に要求するだけです。』

アレナ・プエブラは既に対戦カードを発表

 アレナ・プエブラは既に対戦カードを発表しており、Ticketmasterで観戦チケットを販売開始している。

メインイベント

カリスティコ、ミスティコ、ボラドールジュニア

ネグロカサス、テンプラリオ、グランゲレロ

セミ

アトランティスジュニア、フライヤー、スタージュニア

エチセロ、ロス・ヘメロス・ディアブロⅠ、Ⅱ

特別タッグマッチ

ジュビア、ハロチータ

レイナ・イシス、ステファニー・バケル

タッグマッチ

スティグマ、ペガッソ

トロ・ビルジュニア、レイ・アポカリプシス

第一試合

ミクロマン、アトモ

チャムエル、ペリコ・サカリアス

La Arena Puebla del CMLL anuncia el reinicio de actividades | Superluchas