CMLLのスター選手がナウカルパンに登場!

f:id:naoki909:20190616071804j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 6月16日日曜日アレナ・ナウカルパンでIWRGが、バンピロの功績を称えるFESTIVAL DE LAS MASCARAS大会を開催した。そのメインイベントでは、CMLLからネグロカサスとエチセロが登場し、それぞれがイホ・デ・カニスルプス、ドラゴンベイン、そしてトラウマ兄弟とタッグを組み、試合を行った。

f:id:naoki909:20190616071230j:plain

 試合が始まると、トラウマⅡがネグロカサスをターゲットに定めると、エチセロはカニスルプスとの勝負に集中すると、カニスルプスのマスクを破るほどに試合は白熱。一方、ドラゴンベインはトラウマⅠと組み合った。

f:id:naoki909:20190616070552j:plain

 すると、それまで防戦一方だったテクニコが反撃を開始。ネグロカサスが、場外のトラウマⅠにトペスイシーダを決めると、ドラゴンベインはムーンサルトをトラウマⅡを華麗に決めることに成功。最後はカニスルプスがセントーンでエチセロからピンフォールを奪い、試合はテクニコの勝利となった。

http://www.thegladiatores.com/emotivo-homenaje-a-vampiro-canadiense-en-el-festival-de-mascaras/

ジュース・ロビンソンROH離脱か

f:id:naoki909:20190616080259j:plain

(写真元:njpw.jp 記事元:solowrestling.com IVÁN BEAS)

 ポッドキャストVoices of Wrestlingによると、ジュース・ロビンソンROHを離脱するとのこと。ロビンソンはROHに満足しておらず、ROHが近日中に開催するいずれの興行にも出場予定はない。

 ROH離脱の理由の一つに、IWGPアメリカ王者タイトルを獲得したことがある新日での活動に集中したい思いがあるという。彼の離脱により、彼が率いていたLifeBloodがどうなるのかは不明だ。

 また、彼のパートナーであるデビッド・フィンレーの動向も同じく不明となっている。現在、ケガにより戦線離脱中のフィンレーだが、ロビンソンのROH離脱をきっかけにフィンレーの今後の試合出場も見送られる可能性がある。

 同メディアによれば、ロビンソンの離脱は、複数の新日所属選手がROHで試合を行うことを、はっきり言うと、好ましく思っていないことを表しており、ロビンソンのケースは新日で試合をする選手たちが抱える問題の一つであるという。

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/81568-juice-robinson-no-continuara-trabajando-en-roh-

AEW All Out大会のチケットはわずか15分で完売

f:id:naoki909:20190615114501j:plain

(画像元:All Elite Wrestling 記事元:solowrestling.com IVÁN BEAS)

 8月31日シカゴのシアーズセンターアリーナで開催されるAEWのAll Out大会のチケットが、販売開始からわずか15分で完売となったことをAEWがSNSを通じて、チケット完売画像と共に発表した。シアーズセンターはAll In興行が行われた会場でもある。シアーズセンターの入場動員数は11,218人である。

 実際に、チケットは飛ぶように売れたという。チケットを購入できなかった複数のファンから苦情が殺到。チケットを買うために並び続けていたにも関わらずチケットを入手できずに長蛇の列ができていたことがSNSを通して伝えられた。

 同大会で行われる予定の試合は、現在に至るまでわずか2試合しか確定していないものの、そのうちの1試合はAEW世界王者タイトル戦となっている。

AEWヘビー級タイトル戦

アダム・ペイジクリス・ジェリコ

ケニー・オメガ対ジョン・モクスリー

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/81533-aew-all-out-vende-todas-sus-entradas-en-15-minutos

Verano de Escándalo 2019の全対戦カードが発表

f:id:naoki909:20190614105512j:plain

(画像元:luchalibreaaa.com 記事元:solowrestling.com SEBASTIÁN MARTÍNEZ)

 今週日曜16日、AAAがVerano de Escándalo 2019をユカタン州メリダのPoliforum Zamná de Méridaで開催する。AAAは同イベントの開催告知開始時から、メインイベントの詳細を発表していたが、今週に入り全カードを発表した。

 最も重要な試合はAAAタッグ王者タイトル戦であろう。現王者のヤングバックスが、ルチャブラザーズのペンタゴンジュニア、フェニックス相手に防衛戦に臨む。また、メインイベントでは、ドクトルバグネルジュニア、サイコクラウン組とブルーデーモンジュニア、タウルス組によるタッグマッチが行われることにも注目だ。

メインイベント

ドクトル・バグネルジュニア、サイコクラウン対ブルーデーモンジュニア、タウルス

AAAタッグ王者タイトル戦

ヤングバックス対ルチャブラザーズ

デスマッチ

パルカ、ミステシスジュニア、イホ・デル・ビキンゴ対テハノジュニア、レイ・エスコルピオン、イエド

第5試合

パガノ、アエロスター、プーマキング対チェスマン、モンスタークラウン、キラークロス(セコンド:スカーレット・ボルドー

第4試合

ラレド・キッド、タヤ対ダガ、テッサ・ブランチャード

第3試合

マキシモ、マンバ対オーストラリアンスイサイド、サミー・ゲバラ

第2試合

ファビー・アパッチェ対イホ・デル・ティランテス

第1試合

ケイラ対レディーシャニ対チクトルメンタ

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/81515-lucha-libre-aaa-presenta-verano-de-escandalo-2019-este-domingo-16-de-junio

ナウカルパンにネグロカサス、エチセロが登場

f:id:naoki909:20190612114327j:plain

 6月16日日曜日はIWRGが、バンピロの功績を称える特別興行としてFESTIVAL DE LAS MASCARAS大会をアレナ・ナウカルパンで開催。その気になるメインイベントでは、CMLLで大人気のベテランルードであるネグロカサスが、イホ・デ・カニスルプス、ドラゴンベインとタッグを組んで、同じくCMLL所属の実力派ルードであるエチセロ、そしてIWRGでお馴染みのトラウマ兄弟組と対戦。

 また、セミのタッグマッチではロスカポスことマスカラアニョ2000ジュニア、カポ・デル・ノルテ、そしてスルが、新生ダイナマイト兄弟の山村、クアトレロ、フォラステロと激突する。また、ミッドカードにはアラミスとデモニオインフェルナルのシングルマッチが行われるなど注目のカードが目白押しだ。

 

クリス・ジェリコ次回AEW大会は欠席か

f:id:naoki909:20190612105542j:plain

(画像・記事元:superluchas.com Self High Five)

 クリス・ジェリコは若手を育てるためにAEWに合流する、と思われていたが、Double or Nothingで華麗にケニー・オメガを撃破すると、AEW世界王者タイトルを射程圏内に収めた。8月31日開催されるAll OutはAEWの優位性をアピールする絶好の機会であり、ジェリコハングマン・ペイジと対戦する。しかし、All Inの前に二つの大会が開催されることを考慮すると、AEWのリングで彼を見ることに過度に期待してはならないのかもしれない。もしくは、すべきなのかもしれない。というのも、クリス・ジェリコが興味深い理由でFyter Fest大会に参加しないというのだ。

 「Fyter Festが無料で放送するというケニー・オメガコーディ・ローデスニック・ジャクソンマット・ジャクソンのアホな決定への抗議として、俺はイベントに不参加する。こういった方法で喜ばせる行為に加わることを拒否する。

 昨日、E3に姿を現したケニー・オメガはFyter FestがBleacher Report Liveにて無料で生配信されることを発表した。この決定については彼のバンドのFozzyも広義に否定的のようだ。

 「残念なことだが、熟慮の末、我々FozzyはFyter Festでのパフォーマンスを行わないことにしたことを皆に知ってほしい。バカなプロモーターの無能を知り、我々はあなた方ファンに最高のパフォーマンスを提供できるものが用意されるのか、信じることができない。

 しかし、クリス・ジェリコがFyter Festに出場するという事実は一切ないという冗談はさておき、これまでに発表されている対戦カードは以下の通り。

The Elite(ケニー・オメガ、ヤングバックス)対The Lucha Brothersと未定の選手1名

ジョン・モクスリー対ジョーイ・ジャネラ

コーディ対ダービー・アリン

ハングマンペイジ対MJF対ジミー・ハボック対ジャングルボーイ

マイケル中澤対アレックス・ジェベイリー

 ご覧の通り、Lucha Brothersはトリオを組むための3人目の選手が現在は未定となっているが、最終的にクリス・ジェリコが合流し、無能なThe Eliteのメンバーと対戦するのかもしれない。一方、L.A.Parkが3人目の選手になるという噂もある。経験にからくる憶測ではないが、今月、ジェリコは新日との契約はないことから、オカダカズチカとのリベンジマッチ、もしくは棚橋弘至とのシングルマッチは7月まで行われないはずである。

https://superluchas.com/jericho-no-estara-en-el-proximo-show-de-aew-por-un-curioso-motivo/

IWRGメキシコ王者タイトルは空席に

f:id:naoki909:20190609070812j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com ALFONSO LIZÁRRAGA)

 6月9日日曜日、アレナ・ナウカルパンで開催されたIWRG定期興業のメインイベントでは、IWRGメキシコ王者タイトルを賭けて、全16名の選手がトーナメント形式の試合で激突した。

f:id:naoki909:20190609065220j:plain

 1試合目はアラミスがシン・ボディを下し、2試合目ではトラウマⅡがエテルノを下し駒を進める。3試合目のレランパゴ対イホ・デル・アレブリヘは、アレブリヘが勝利。続く4試合目はパンテラとスンビが激突し、パンテラの勝利。5試合目はイホ・デル・メディコアセシノがオベットを下すと、6試合目はトラウマⅠがデモニオインフェルナルを撃破。7試合目のインポシブレ対チコチェはインポシブレが勝利し、8試合目はメタレオンがルナティックエクストリームを下して、大会は次のフェーズへ。

f:id:naoki909:20190609064947j:plain

 続く準々決勝では、トラウマⅡが暴走し過剰攻撃でアラミスに反則負けすると、アレブリヘがパンテラを下し準決勝へ進出。続いて、メディコアセシノがトラウマⅠに敗れると、メタレオンはインポシブレを下し、同じく準決勝へ。

 準決勝ではアラミスがパンテラを破るとトラウマⅠは過剰攻撃でメタレオンに反則負け。

 そして決勝のアラミス対メタレオンでは、メタレオンが準決勝でトラウマⅠによってダメージを負わされていた前腕を骨折し、試合はアラミスの不戦勝となった。しかし、誇りを重んずるアラミスは優勝を拒否し、IWRGメキシコ王者タイトルは空席となった。タイトル戦はメタレオンの骨折が完治次第、改めて行われる予定だ。

http://www.thegladiatores.com/aramis-deja-vacante-el-campeonato-de-mexico/