GYM FILLとGYM CUAUTITLANがFILL杯で対決

f:id:naoki909:20170621020615j:plain

 6月21日水曜日アレナ・ナウカルパンで開催されるIWRG定期興業の全カードが発表。メインイベントはFILL杯で、ボンベロインフェルナル率いるGYM FILLと、ロビン・マラビジャ率いるGYM CUAUTITLANが対戦。セミのタッグマッチでは、タートルズのレオが単体で登場。ドラゴン・フライ、カノンとタッグを組んで、トキシン、ルナティック・エクストリーム、エスカンダと対決。

ボビー・サバラ「どうして解雇されたのかマジでわからない。」

f:id:naoki909:20170615214752j:plain

(写真・記事元:solowrestling.com Walter Rosales)

 CMLL内の問題で解雇されたマスカラとマキシモだが、ここまで沈黙を続けていたのがボビー・ビジャこと、ボビー・サバラだ。アルバラドファミリーと共に解雇されたわけだが、その理由については未だに明らかになっていない。

 Más Lucha TVのインタビューで、自身の解雇処分について、自分自身にも心当たりがないことを含め、吐露した。

 「(突然の解雇は)少し、困惑したよ。どうして解雇されたのか、マジでわからない。オフィスで何にも言われなかったし、解雇の理由も教えてもらってない。マジでわからないんだけど、偉大な会社の決断だから、俺は尊重するよ。7年間キャリアを積んで、たくさんのことを学んだし、とても難しいこともあったよ。でも、俺の人生はこれからも続いていくからね。」

 だが、ボビー・サバラはこの件について、一つの持論がある。アルバラドファミリーの蛮行を録画したビデオが、SNSに拡散された後、防犯カメラにアルバラドファミリーと共にボビー・サバラの姿が映し出されていたことを、本人が認めた。ところが、これはアルバラドファミリーの蛮行とは全く関係のないことだという。

 「俺はただ、(蛮行に及んでいた)彼らを落ち着かせようとしただけなんだ。本当にだたそれだけだったんだよ。たぶん、カメラに一緒に映っていたの見られたんだと思うけど、それが解雇の決め手になったんだと思う。でも、俺は車には一切触れていない。」

 ボビー・サバラはさらに、以前から報じられていたことに関しての、詳しい情報を話した。同氏によると、事件前日、CMLLの上役達と事件に関与する選手達が夕食を共にしたという。その会話の中で、アルバラドファミリーとの議論に緊張が高まり、ウルティモゲレロが席を外したという。

 「その金曜日、午後1時くらいだったけど、俺は試合をしていたんだ。そしたら、プログラム管理部のエドガー・ノリエガから電話があったんだ。彼は、問題が片付くまで、試合には出場できないと言ったんだ。『でも、どうして?俺は関係ない。』と言ったら、『アルバラドファミリーと一緒にいたところがカメラに映った。そして、これは社長からの命令なんだ。』それが、金曜日。そして、土曜日、日曜日が過ぎて、月曜日に俺たちが解雇になったということを知ったんだ。そして、やっと水曜日に俺の電話に応対してくれたんだけど、社長も、その娘も答えてくれなくて、唯一応対してくれのが、フェリシアーノで、彼は『私たちは君が素晴らしい選手で、とても落ち着いた男ということは知っている。だが、我々のメンバーには相応しくない。これは、ルテロス代表の命令なんだ。』とだけ言ったんだ。」

 さらに、今回の件についてボビー・サバラに回答しなかったのは、ウルティモゲレロだという。ウルティモゲレロは、CMLLに抗議したとのことだが、未だに返事を待っているという。また、ロス・レボルシオナリオスのドラゴンロホ・ジュニアとポルボラが、ボビー・サバラの解雇処分について見直すように働きかけたようだ。

 様々な情報が行き交う中、ボビー・サバラは自身の解雇と共に、新たなチャンスが与えられたことを明らかにした。ボビー・サバラはインディーとして活躍することの他、The CrashやAAAへの参戦にも興味を示している。

www.solowrestling.com

エテルノがインディーネイションとの対決を宣言

f:id:naoki909:20170614110802j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 遂に水曜日のナウカルパンにインディーネイションがやってきた。インディー・ネイションの代表として登場したセンチュリオンは、エテルノ、そして、オベットを引き連れてリングインすると、スペルメガ、セレブロネグロ、デモニオインフェルナルと対峙。試合はエテルノとデモニオのジャベの応酬で始まったが、すぐにセレブロネグロの介入によって、エテルノのジャベが中断されると、スペルメガも乱入。エテルノへの集中攻撃が始まった。

 試合はもつれ込んで三本目に突入。エテルノとデモニオのライバル関係にも火が着いた。その間、セレブロネグロとスペルメガ、そしてセンチュリオンとオベットがそれぞれ対峙。豪快な空中技の後、センチュリオンセレブロネグロからピンフォールを奪うと、スペルメガがリングに上り、2回のピンフォールをはねのけたセンチュリオンから、3度目の正直のピンフォールを奪おうと画策。ところが、レフェリーの隙をついて、セレブロネグロがリングに戻ってくると、センチュリオンのマスクを奪い、そのままスペルメガが丸め込んでピンフォールを奪った。

 試合後、センチュリオンはインディー・ネイションとGYM FILLの直接対決を要求。フルゴール、センチュリオン、ラティゴ、ミステル・レオが来週のナウカルパンに登場することがアナウンスされた。

www.thegladiatores.com

ブラックウォリアーとオフィシアレスがトラウマ兄弟に勝利

f:id:naoki909:20170611195918j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Diego Mejía Eguiluz)

 先週に引き続きブラックウォリアーがIWRGに登場し、宿敵トラウマ兄弟と激しい試合を展開した。ブラックウォリアーはオフィシアレスのフィエロとAK-47と登場。対するトラウマ兄弟は、レイ・デル・リングに輝いたインポシブレと登場した。

 試合当日、大雨に見舞われた会場周辺だったが、会場に水たまりができる中行われた試合では、トラウマ兄弟とインポシブレが入場と同時に、ブラックウォリアーとオフィシアレスに襲撃された。トラウマⅡはマスクを破壊されると、額から流血。ところが、二本目になると復活したトラウマ兄弟、インポシブレのコンビネーションを前に、AK-47が苦汁をなめることとなった。

 三本目では、トラウマⅡが足を負傷。ところが、それでもイス攻撃でオフィシアル・フィエロを追い詰めた。ところが、レフェリーのレジェス・ロサスの隙を伺っていたブラックウォリアーが、トラウマⅡのマスクを奪うと、AK-47が、豪快なボディプレスから、そのままピンフォールを奪い、試合はブラックウォリアー、オフィシアレスの勝利となった。

www.thegladiatores.com

今週のCMLL 6/19 ~ 6/25

6月19日月曜日 アレナ・プエブラ(ストリーミング配信あり)

LUCHA ESTELAR
POR EL CAMPEONATO MUNDIAL HISTÓRICO NWA
DE PESO SEMICOMPLETO

HECHICERO
(CAMPEÓN)
vs
(RETADOR)
ATLANTIS

¡ DUELO SEMIFINAL EN CANDENTE REVANCHA !

CARÍSTICO, MÍSTICO Y DRAGON LEE
vs
MR. NIEBLA®, NEGRO CASAS Y CAVERNARIO

EVENTO ESPECIAL

ÁNGEL DE ORO, TITÁN Y STIGMA
vs
DRAGÓN ROJO®, PÓLVORA Y VANGELLYS

TERCERA LUCHA

LESTAT, ESPIRÍTU MALIGNO Y BLACK TIGER
vs
ARES, ARKÁNGEL Y REY APOCALIPSIS

SEGUNDA LUCHA

ESTRELLITA Y SANELY
vs
DALYS Y AMAPOLA

PRIMERA LUCHA

CENTELLA ROJA E HIJO DE CENTELLA ROJA
vs
POLICE MAN Y FUERZA CHICANA

 月曜日プエブラのメインイベントは、NWAライトヘビー級タイトル戦。現王者のエチセロにアトランティスが挑戦。レイ・ブカネロを破り新王者となってから、カイファン、エストゥーカジュニアを破り2度の防衛に成功中のエチセロ。ベテランのアトランティスとの一戦に注目。2試合目は女子ルチャ。エストレジータ、サネリーが、ダリス、アマポーラと対戦。

6月20日火曜日 アレナ・メヒコ(ストリーミング配信あり)

f:id:naoki909:20170619042821j:plain

 火曜日アレナ・メヒコのメインはNWAウェルター級タイトル戦。現王者のボラドール・ジュニアに、若手実力派ルードのカベルナリオが挑戦。既に13回の防衛に成功しているボラドール・ジュニアに、カベルナリオがどのように挑むのかに注目。セミのタッグマッチでは、カリスティコ、ミスティコ、バリエンテが、ロス・イホス・デル・インフィエルノのメフィストルシフェルノ、エフェストと対戦。

6月20日火曜日 アレナ・グアダラハラ

f:id:naoki909:20170619043346j:plain

 火曜日グアダラハラのメインはマルコ・コルレオーネ、ニエブラロハ、ディアマンテアスル対ルーシュ、ショッカー、ピエロス。TGRのショッカーがインゴベルナブレスに合流。

 セミのタッグマッチでは、ペステネグラのニエブラ、ネグロ・カサス、フェリーノ対エストゥーカ・ジュニア、レイ・コメタ、ジョニー・アイドルのタッグマッチ。

6月23日金曜日 アレナ・メヒコ(ストリーミング配信あり)

f:id:naoki909:20170619044656j:plain

 メインイベントは、ボラドール・ジュニア、マルコ・コルレオーネ、ディアマンテアスル対ルーシュ、カベルナリオ、エウフォリアのタッグマッチ。2試合目の女子ルチャでは、エストレジータ、マルセラ、スヘイが、ダリス、セウシス、アマポーラと対戦。ミッドカードの電光石火マッチでは、バンジェリス、ピエロスが対戦。

6月24日土曜日 アレナ・コリセオ

f:id:naoki909:20170619051154j:plain

 土曜日コリセオのメインは、ボラドール・ジュニア、バリエンテ、ディアマンテアスル対ロス・イホス・デル・インフィエルノのメフィストルシフェルノ、エフェスト。ミッドカードでは、パンテルファミリーのブルーパンテル、パンテル、ブルーパンテル・ジュニア対ダイナマイト兄弟のサンソン、クアトレロ、フォラステロが対決。

6月25日日曜日 アレナ・メヒコ

f:id:naoki909:20170620075023j:plain

 日曜日アレナ・メヒコメインには、カリスティコが登場。ミスティコ、ニエブラロハとタッグを組んで、ウルティモゲレロ、ショッカー、エウフォリアと対戦。元ゲレロスラグネロスのニエブラロハが、ウルティモゲレロとエウフォリアから集中攻撃を受けるのは間違いなし。カリスティコとミスティコがいかにカバーするかがポイントになりそう。セミでは、ルーシュ、ピエロスのインゴベルナブレスにクラネオを合流。ディアマンテアスル、ティタン、バリエンテと激突。

6月25日日曜日 アレナ・グアダラハラ

f:id:naoki909:20170620075429j:plain

 日曜日グアダラハラのメインは総勢10名のルチャドールによる金網マッチ。最期まで脱出できなかった選手がマスクを脱がなくてはならないという過酷なルール。セミでは、グアダラハラミドル級タイトルマッチが開催。現王者のジョーカーに、バケロ・ジュニアが挑戦。ミッドカードでは、エスフィンヘ、メタトロン、マグヌムが、マレフィコ、フリアロハ、エクステルミナドールと対戦。

スペルメガが水曜日のナウカルパンに登場!

f:id:naoki909:20170614045441j:plain

 6月14日水曜日アレナ・ナウカルパンで開催されるIWRG定期興行の全カードが発表。メインは、エテルノ、セントゥリオン、オベット対スペルメガ、デモニオインフェルナル、セレブロネグロのタッグマッチ。日曜日のナウカルパンで流血マッチを興じたスペルメガが、若手実力派ルードのエテルノとどのような化学反応を起こすのかに注目。セミでは、ラティゴ、メタレオン、ミステル・レオが、エンペラドール・アステカ、ダイナミックブラック、アラミスと対戦。

新日とROHがCMLL世界グランプリに参戦

f:id:naoki909:20170612034919j:plain

(画像:cmll.com 記事元:solowrestling.com Walter Rosales)

 CMLLファンにとっては9月は興味深い月になる。CMLL Informaでプレゼンターのフリオ・セサール・リベラが、CMLL世界グランプリ2017年大会を、9月1日アレナメヒコで開催すると発表した。

 試合形式は去年と同じようにエリミネーションマッチ形式で行われ、昨年の同大会では、、新日からはマイケル・エルガン、KUSHIDA、タマ・トンガタンガ・ロアが参加した。ちなみに、優勝者はボラドール・ジュニアだった。

 今年度の大会でも、新日から複数の選手が参戦する他、ROHからも選手らが参戦するとのことだ。今年で第13回を迎える世界グランプリ大会だが、参加選手の発表が待たれる。

www.solowrestling.com