AAAニューヨーク大会に早くも暗雲

f:id:naoki909:20190402125544j:plain

(画像元:Lucha Libre AAA 記事元:solowrestling.com IVÁN BEAS)

 AAAのニューヨーク大会に暗雲が立ち込めている。同プロモーターは、Invading NY大会の会場を、MSGフールー・シアターに変更することを発表した。フールー・シアターは、マディソン・スクエア・ガーデンの施設内にある可動式の劇場型会場である。

 複数の専門メディアが報じたところによると、この変更はチケットの売行き不振によるものとされる。MSGとフールー・シアターの会場の差は計り知れない。というのも、MSGの客席数が20,500席なのに対し、フールー・シアターは5,600席だからである。

 「ニューヨークのファンが受け取る体験の保証したい。また、フールー・シアターはAAAが必要とする常軌を逸した数々のシーンに相応しい。客席はリングに近く、ファンはAAAが望む、一人一人のファンが心揺さぶられる体験ができる。」とAAA代表のドリアン・ロルダン氏は語った。

 一方、AAAは既に最初の2試合の対戦カードを発表している。一試合目はTriplemania XXVIIのメインイベントの焼き増しといったところで、ブルーデーモンジュニアとドクトルバグネルジュニアが反則なし形式の試合で対戦する。2試合目に発表されているのはReina de Reinasタイトル戦であり、新王者のテッサ・ブランチャードがリベンジを狙うタヤと対戦する。大会のチケットはロスアンゼルス大会分も含めて、公式ホームページにて販売中である。

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/83053-lucha-libre-aaa-traslada-su-show-de-nueva-york-a-un-recinto-mas-pequeno-

AEW有料放送の売上は上々

f:id:naoki909:20190819062537j:plain

(画像元:AEW 記事元:solowrestling.mundodeportivo.com SEBASTIÁN MARTÍNEZ)

 TNTによるAEWの有料放送の売上が好調なことから、8月19日月曜日にAEWは今後の有料放送される大会予定を発表することを明らかにした。発表ではさらに、販売開始日も告知するという。

 TNTによって放送される最初の3大会のチケットは完売。最初の大会は、興行の種類にもよるが、客席数が12,000から15,000席にも及ぶ、ワシントンのキャピタル・ワン・アリーナで開催される。

 2回目の大会は、ボストンの、具体的にはボストン大学のアイスホッケーが行われる会場でもある、アガニスアリーナで開催される。同会場の客席は7,200席となっている。3回目の大会はフィラデルフィアテンプル大学所有のLiacouras Centerで行われる。同会場はThe Apollo of Templeとして知られ、客席は10,200席を誇り、女子王者タイトルも含めた2つのタイトル戦が行われることが告知されている。

 複数のメディアによると、月曜日に重大発表を行うのはAEWだけではなく、WWEもUSA NetworkによるNXT配信が10月、もしくはそれよりも前に開始することを発表するのではないかと見られ、また、NXTの放送時間はTNTによるAEW番組と同じ、水曜日の夜であるとも噂されている。

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/83086-aew-anunciara-este-lunes-mas-fechas-para-sus-shows-semanales-en-tnt

Super ShowDownでのゴールドバーグのギャラが明らかに

f:id:naoki909:20190811060808j:plain

(写真元:wwe.com 記事元:solowrestling.mundodeportivo.com SEBASTIÁN MARTÍNEZ)

 ビル・ゴールドバーグは、6月7日サウジアラビアで開催されたWWEの大会に駆け付けた伝説のプロレスラーの一人だ。元ユニバーサル王者はアンダーテイカーと対戦したが、試合は両者にとって頭痛の種となってしまった。というのも、コーナーポストに衝突した際に脳震盪を起こし、その一撃が文字通りに試合の流れを決めてしまったからである。

 Wrestling Observerのデイブ・メルツァー記者は、SummerSlam大会へのゴールドバーグ出場を最初に伝えた人物だが、同メディアの最新号にて、Super ShowDownのリングに上らせるために、ゴールドバーグに支払われたおおよそのギャラを明らかにした。同氏によれば、7桁の金額、正確には100万ドルと推測される金額を、ゴールドバーグは受け取ったという。この金額は、ゴールドバーグがWWE登場初期頃、1か月に8回の出演という条件で1年間に受け取っていた金額と同じである。しかしながら、彼はWCW時代に、それを上回る、1年間に300万ドルという金額を受け取っていた。

 ビンス・マクマホン氏のアイディアはゴールドバーグを1年間に1度か2度ほど登場させ、キャリアを締めくくるべく、現代のブルーノ・サンマルチノに仕立てようというものだ。昨年末、ゴールドバーグは、引退までに2試合か3試合ほど行う、と言及された。そのニュースが報じられてから、既に1試合を行っており、11日日曜日にはドルフ・ジグラーと対戦することが決まっており、これが2試合目となるのだろう。その体が許す限りはゴールドバーグは試合を行うために姿を現し続けるだろう。

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/82868-se-revela-la-cantidad-de-dinero-aproximada-que-gano-goldberg-en-super-showdown

ブルーデーモンジュニアがナウカルパンに登場

f:id:naoki909:20190813110716j:plain

 8月18日日曜日アレナ・ナウカルパンで開催されるIWRG興行の全対戦カードが発表。PALL、そしてGuerreros Aztecas Wrestlingとの共同興行となる今大会には、なんとドクトルバグネルをコントラマッチで破ったばかりの、ブルーデーモンジュニアがメインイベントに登場。マルシェ・ロケット、イホ・デ・カニスルプスとタッグを組んで、メシアス、マスカラアニョ2000ジュニア、デモニオインフェルナル組と激突する。

 また、セミのタッグマッチでは、タイガー、ドラゴンベイン、インポシブレ組と、エテルノ、トラウマ兄弟組と対戦する他、イホ・デル・ピラタモルガン、エロデスジュニア、フリーランス、ドクトルセレブロセレブロネグロ等、IWRGでは顔なじみの選手らも登場する他、ブラソ・デ・オロジュニアが1試合目に登場予定となっている。

ケンドー・カシンがWWEパフォーマンスセンターのコーチに就任

f:id:naoki909:20190816104609j:plain

(画像元:wwe.com 記事元:solowrestling.mundodeportivo.com SEBASTIÁN MARTÍNEZ)

 WWEが公式サイトにて公開したプレスリリースによると、ケンドー・カシンとして知られる石澤常光が、フロリダ州オーランドにあるWWEパフォーマンスセンターのコーチに就任したことを発表した。

 日本において、最も多くの賞を受賞した選手の一人でもあるケンドー・カシンは、90年代初頭にプロに転向すると、新日と全日ジュニアヘビー級タイトルを獲得。関節技の鬼とされ、総合格闘技の経験もある他、今は亡きPRIDE FIGHTING CHAMPIONSHIPSに出場した経験もある。

 ケンドーはアメリカやヨーロッパでも試合を行ったことがあり、2002年にはPro Wrestling Illustratedが選ぶ、優れた選手500人の22番目に名前が挙げられた。コーチ就任の話は今年の2月にさかのぼるという。また、フィン・バロールはケンドーと一緒の写真をSNSにアップし、伝説の日本人が、日本人初となるWWEコーチに就任することをコメントした。

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/83021-kendo-kashin-se-une-al-equipo-de-entrenadores-de-wwe-en-el-performance-center

ブラックテリーが若手トキシンを破る

f:id:naoki909:20190810105303j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 8月10日土曜日Arena San Juan PantitlánにてインディープロモーターMexa Wrestlingの興行が開催された。Summer Courseと題された大会では全8試合が行われ、そのメインイベントではIWRGでもお馴染みのベテラン、ブラックテリーが登場し、闘牛形式とされる試合形式でトキシンと対戦した。

f:id:naoki909:20190810105053j:plain

f:id:naoki909:20190810104805j:plain

 試合は流血試合となり、トキシンのマスクは半壊。両者による大技の掛け合いとなったが、最後はブラックテリーがトキシンのマスクを奪い、そのまま丸め込んでピンフォール勝ちを収めた。

f:id:naoki909:20190810102309j:plain

f:id:naoki909:20190810103040j:plain

 セミでは最終テストと題された試合に、CMLLを代表するマルセラと、インディーで活躍するルチャドーラのレディ・フラマーが対戦。レディにとっては厳しい試合となり、健闘したものの、女王マルセラにピンフォール負けを喫した。

http://www.thegladiatores.com/noche-de-curso-en-la-arena-san-juan-con-mexa/

柴田勝頼の復帰は依然未定

f:id:naoki909:20190814104002j:plain

(写真元:njpw1972.com 記事元:solowrestling.mundodeportivo.com SERGI PERALTA)

 8月12日夜に配信された新日のG1 Climax 29最終日に、石井智宏YOSHI-HASHIを裏切り、KENTAがBullet Clubに合流した。その最中に、セミリタイアした柴田勝頼リングインし、ラリアットと、彼を代表するドロップキックでKENTAを攻撃した。これは、2年ぶりとなるザ・レスラーこと柴田の”プロレス”的な行動であった。

 KENTAと柴田の激突は、SNS上で柴田がかつての友人と、新日の一大イベントであるWrestle Kingdom 14で試合を行うために、リングに再び舞い戻るのではないかという憶測を呼んだ。以前より知られている次回のタイトル戦は、NEVER Openweightのベルトを賭けたイタミヒデオと石井智宏の試合であり、その方向で進めていくことに対し、好意的な意見が高まりつつあった。しかしながら、デイブ・メルツァー氏は、Wrestling Observer Radioの最新号にて、KENTAと柴田が対戦する可能性は無視できないが、非常に低いとコメント。というのも、ドクターから柴田にゴーサインはまだ出ていないというのである。

 「一夜だけの物語です。あれ以上、先に進むことはないと思います。勿論、状況は常に変わりますが、医師団は、柴田選手が現役復帰するのは不可能であると言っていました。それは2年前のことです。月曜日、彼は我々に期待させるようなたくさんのことがありましたが、彼が再び試合をしたりだとか、それに似たようなことをするということを書き留めるようなことは全くありませんでした。」

 柴田は2017年4月、新日が開催したSakura Genesis大会にて、オカダカズチカとIWGPヘビー級タイトルを賭けて対戦した際に大けがを負った。大会後、病院に救急搬送され、硬膜下血腫という死亡率が高い非常に危険な症状である診断が下された。その後、何度も繰り返し手術を受けた柴田は、長く厳しいリハビリをスタートさせ、視力と運動能力を取り戻した。

 新日がロスアンゼルス道場を設立し、2018年3月から、柴田は道場のヘッドコーチに就任し、将来のスター選手となるであろう、カール・フレデリックやクラーク・コナーズをトレーニングしている。さらに、G1 Climaxに出場する後藤洋央紀のために特訓も行った。現在のところ、柴田は単発的にリングに戻ることができるように、フルタイムのトレーナーを務めるオファーに合意している、という。

https://solowrestling.mundodeportivo.com/new/82985-katsuyori-shibata-no-habria-recibido-el-alta-medica-para-volver-a-luchar