ビジャノⅤジュニアがシン・ボディを撃破

f:id:naoki909:20181209105945j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com Alfonso Lizárraga)

 11月9日日曜日アレナ・ナウカルパンで開催されたIWRG定期興業のメインイベントでは、タッグ王者タイトルをロス・カポスに奪われたばかりのビジャノⅤジュニア、ロカンボレジュニアが再び登場。今回はアラミスとタッグを組んで、シン・ボディ率いるドラゴン・ベイン、ウルティモグラディアドール組と対戦した。

f:id:naoki909:20181209105927j:plain

 試合は一本勝負形式で行われたが、リングのみならず、会場全体が戦場となる激しい試合となった。劣勢の中、テクニコがルードの一瞬の隙を突いて状況を覆すと、そのまま反撃開始。試合はその勢いのまま、ビジャノⅤジュニアがシン・ボディからピンフォールを奪いチームを勝利へと導いた。

www.thegladiatores.com