サンチェス・プロダクション杯の勝者はゴヤ・コング

f:id:naoki909:20170217125731j:plain

(写真・記事元:THE GLADIATORES)

 アレナ・ネサとサンチェス・プロダクションが、「サンチェス・プロダクション杯」を開催した。しかし、今回の主役は男性ではなく女性である。6名の女性選手が金網の中で戦い、金網から最初に脱出した選手が優勝となる試合だったが、実際はクルバスペリグロサスのイエドラ、シャニ、そしてゴーヤコングが協力し、マリー・アパッチェ、ファビー・アパッチェ、そしてビッグマミが協力できない状況を作り出したのである。テクニカ側にもチャンスはあったが、ルーダの作戦は非常にシンプルだった。それは10分間、タッグマッチのようにテクニカ側を攻撃し、体力を奪った後にゆっくりと脱出する方法を探しながら、テクニカ側の脱出を妨害するというものだ。ビッグマミは終始、脱出しようとしていたが、ルーダ側からはもちろん、アパッチェ姉妹からも妨害されていた。

 10分間の攻防戦の後、全員の脱出劇が始まった。ビッグマミが脱出しようと金網を登り始めたが、シャニ、イエドラ、そしてアパッチェ姉妹が足を引っ張った。その時、バランスを崩したビッグマミが、妨害していた4人の上にトップロープから倒れこんだのである。その間、ゴヤ・コングは余裕を持って金網から脱出に成功、見事、プロダクション・サンチェス杯を制したのである。試合後、クルバスペリグロサスの3人は、誰が勝っても問題なかったとし、ゴヤ・コングはシャニがレイナ・デ・レイナスのタイトルをタヤから奪えるように協力することをコメントした。

José Lázaro Rodríguez, Alfonso Lizárraga

www.thegladiatores.com