プリンセサスヘイが脳挫傷で救急搬送

f:id:naoki909:20190605111723j:plain

(記事元:superluchas.com DARK ANGELITA)

 6月1日土曜日アレナコリセオで開催されたCMLL定期興業にて、プリンセサスヘイが脳挫傷を負った。

 3試合目に登場したスヘイは、サネリー、アビスパドラダとタッグを組んで、ダリス、セドゥクトーラ、メタリカ組と対戦したが、試合には敗れた。試合後、スヘイは自分の足で会場の救護室に立ち寄り、担当医師により検査を受けたという。

 しかし、気分が悪い状態が続いたため、担架によって病院に救急搬送され、精密検査を受けることになった。

  6月2日、CMLLはスヘイの容態を発表し、脳挫傷を負ったことを発表。72時間安静の経過観察処置を受けることとなった。

 試合のどの時点で脳挫傷を負ったのかは不明だが、今後の経過も含め、医師らによる診断の結果が待たれる。

  脳挫傷は脳組織の外傷により引き起こされ、繰り返し発症しやすい外傷である。痣と同じように、脳挫傷は内出血や脳溢血により引き起こされる場合もある。

 頭部への強い衝撃が脳挫傷を引き起こすが、場合によっては長期間に渡り精神状態に悪影響を及ぼす他、脳ヘルニアや、膨張した脳が頭蓋骨内で圧縮され、強い後遺症が残ることもある。

 頭蓋骨内の圧が上がらないようにすることが治療の目的であり、外傷は自然治癒する可能性もあるそうだ。

 経過治療中であるスヘイは、グアダラハラで予定されていた、スヘイ、アビスパドラダ、マルセラ組対アマポーラ、ティファニーコマンダンテ組の試合を欠場することとなる。

 https://superluchas.com/cmll-princesa-sugey-sufrio-una-contusion-cerebral/