中邑が来年にも新日に復帰?

f:id:naoki909:20180624044344j:plain

(画像・記事元:superluchas.com Self High Five)

 AJ Stylesとのライバル関係は、その全てが期待されていた通りではなかったが、中邑真輔WWESmackDown Liveの重要なロスターの1人であるとされている。というのも、2016年から始まった彼との契約は、それまでトップスターとして献身してきた新日を離れ、プロレス業界を揺るがし、多くのファンを熱狂させたからだ。

 キングオブストロングスタイルとしてダラスで開催されたNXT TakeOverにてサミ・ゼインとの素晴らしい試合でデビューし、現在でもWWEにおいて素晴らしい活躍を続けている。

 ところが、中邑の存在はWWEに名を連ねるロスターとして、それほど輝きを放っていない。WrestleMania34でWWE王者タイトル戦へ出場したにも関わらずだ。

 恐らく、ルード転向は当たりだった。というのも、Stylesとのライバル関係は先週日曜日の素晴らしい抗争終結まで、素晴らしいものにした。しかし、マクマホンのキャリアに残る選手になろうとするのならば、過去の栄光にあぐらをかくことはできない話だ。

 中邑の契約は2019年に満期を迎えるため、契約更新は彼の働きと、WWEがどれだけ彼を推すのかに掛かっている。それでは、中邑がWWEを退団し新日に戻ることはあり得るのだろうか?そんな質問をファンの1人が、真実を保証はできないとするデイブ・メルツァー氏に投げかけた。

 

  「中邑が来年までの契約終了後に新日に戻る可能性はあるんでしょうか?」

 「私はそれを望みません。可能性はありますが。」

 現在、中邑にはジェフ・ハーディーとのアングルが用意されており、自身初となるWWEアメリカ王者のタイトルを獲得するだろうとされている。試合は善玉と悪玉によるクラシックな一戦であり、中邑が新日で培った生意気さと強気なキャラクターがさらに強まるだろう。

 この数か月の間に何が引き起こされるのかに注目だ。というのも、2019年にはWWEケニー・オメガとThe Young Bucksの引き抜きのために資金を集めているとされ、中邑は以前ほど必要とされないのではないかと考えられている。

superluchas.com