メディコアセシノが新ジュニア王者の座に

f:id:naoki909:20190331103901j:plain

(写真・記事元:thegladiatores.com ALFONSO LIZÁRRAGA)

 3月31日日曜日IWRGジュニア王者タイトルを賭けて、現王者のイホ・デ・カニスルプスとイホ・デル・メディコアセシノが激突した。メディコアセシノは今回のタイトル挑戦権を賭けた前哨戦として、ジュニア世代によるエリミネーションマッチに勝ち抜いている。

f:id:naoki909:20190331103435j:plain

 試合が始まると、まずは関節技の応酬からスタート。両選手の実力は拮抗していた。ボルテージは徐々に上がり、張り手合戦が始まると試合は最高潮に。ところが、ここでカニスのセコンドとして付いていた、マスカラアニョ2000ジュニアの介入が始まると、これにはカニスもマスカラに不満を示した。

f:id:naoki909:20190331103224j:plain

 レフェリーのレジェス・ロサスがマスカラに退場を宣告するも、今度は控室からパイプ椅子を持って戻り、メディコアセシノを襲撃。メディコのセコンドのデモニオインフェルナルが即座にレフェリーに指示し、レフェリーはここで王者カニスにセコンドによる反則負けを宣言。試合は挑戦者のメディコアセシノの勝利、新ジュニア王者となった。

 試合後、マスカラの責任でタイトルを失ったカニスは、マスカラへの挑戦を宣言。一方で、マスカラは王者をサポートするために行ったと反論するにとどまった。

http://www.thegladiatores.com/el-hijo-del-medico-asesino-es-el-nuevo-junior-de-juniors/